大好評につき拡大!ダブリンバイクス (Dublinbikes)

利用されているダブリン在住日本人の方も多いであろう、ダブリンバイクス。

IMG_5135.jpg
                日本にも同じシステムがあるそうですね。


JCDecaux Ireland (ジーセードゴー・アイルランド)がダブリン・シティー・カウンシルと契約し、2009年から始まったレンタル自転車システムである。


当初、ダブリンで取り入れることにかなり反対もあったと、このシステムを取り入れを強く希望していた当時のダブリン市長であったモンテギュー氏が去年言っておりました。

なぜって、ダブリンでこんなことやったらScumbagsが自転車にいたずらするだろうし盗みますわ。考えなくてもわかる。

そして予想通りシステム開始後3台の自転車が盗まれたらしい。

しかしだ。なんと3台ともちゃんと取り戻したらしい!!!それ以降盗まれたことはないとモンテギュー氏はおっしゃっていました。

予想に反して大成功を収めたダブリンバイクスなのだ!!!


しかも世界でこのシステムを取り入れた町の中でもっとも成功している町のひとつでもあるらしい。


ダブリンは町が小さいくせに交通量が多い。

ラッシュアワーなんて大渋滞しますもの。バスに乗ってるとうんざりするのよ、全然前に進まないから。

だったら自転車を使って移動した方が早いし安い。それが成功した理由でしょね。


現在ダブリンの中心街には44箇所のバイクステーション、550台のバイクが用意されています。

IMG_5134.jpg
             自転車の取り合いになるときもある。
    
実は使ったことがない私ですが、ここで簡単にシステムを私の知る限り説明しておきましょう。


私のように長く住んでいる人または住む予定があり使う予定のある人はLong Term Hire Card (ロング・ターム・ハイヤー・カード)を購入するのが望ましい。

1年で10ユーロ。最初の30分の自転車の使用は無料。その後は使う時間によりサービス料が課せられます。
1時間は50セント、2時間は1.5ユーロなど。

旅行者の場合は3 day ticketを購入するのが望ましい。こちらも最初の30分の自転車の使用は無料で、サービスチャージも同じように課せられます。


そしてカードを買うときに150ユーロの保障が必要になります。

しかしこれはデポジットではありません。もし自転車を盗難したりした場合、150ユーロをクレジットカードにチャージしますというものだそうだ。

つまり盗難防止のため、カードを買うのはクレジットカードでしか買えないのです。もし盗難されてもクレジットカードから住所と名前がわかりますからね。

しかし現在15あるクレジットカード専用の機械でしか最初のチケットは買えないようです。

IMG_5138.jpg
      これはキャッシュカードが使えないチケット販売機のようです。

IMG_5136.jpg
      チケット販売機の裏にはステーション地図があるのでこれで販売機も確認できる。

使い終わったら自転車パーキング。

IMG_5137.jpg
             これを使ってパーキング。


手軽さから大成功しているダブリンバイクス。

現在5年計画で自転車を5000台まで増やし、ステーションも300か所にする予定だとか。

現在街中だけですが、これを北はDCU(Dublin City University),南はUCD (University College Dublin)にまで拡大するそうだ。そうすればもっと利用者が増えますよ。学生がガンガン使うだろうなあ。


この成功を受けてリムリックがリムリックバイクスを来年の秋から取り入れるそうだ。コークもゴールウェーも取り入れる予定らしい。


アイリッシュの友だちのCちゃんがバスを降りてから会社に行くまでちょっと距離があるのでこのシステムを利用しています。

ある日自転車をパーキングしようとしたらなんと目の前に車から降りてきたティーショックエンダが!

声をかけられて、ダブリンバイクスを利用していることを褒められたらしい。


エンダも喜ぶ(?)ダブリンバイクス。ぜひ一度ご利用ください。という自分も利用しないといけませんね。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.