出没!厚かましい人々ーその1-

みなさん、私の体の調子を気遣ってくださって。。。大変うれしかったです。ありがとうございました。

おかげで現在ちょっと忙しさも一段落し(つかの間ですが)、体の調子が何とか少し戻ってきました。
しかし左足首捻挫がまだ治っておりません。

おかげでキラーヒールズが全く履けません。

これでは「独身・アラフォー・カテゴリー脱出」は不可能。(そうでなくとも、と思ってみえるでしょうが)

やはり飲みに行くときは若い子に負けずおしゃれをしないと、見た目がいかにもばばあでいけてなさそうでは売れ残ってしまいます(もう売れ残ってますが)。やはりキラーヒールズは足に悪くとも週末のみに行くときは履きたいのです。

ということで、明日スポーツ・テラピストのK先生(男性)会ってきます。

スポーツで怪我をした人を診ていらっしゃる先生。マッサージしてくれるんです。
数年前、首が回らずカイロプラクティックいったものの、先生もお手上げ。そのためK先生のところに回されたんです。

マッサージしてくれるのはいいんですが、これがかなりのハードコアー。かわいらしいおねえちゃんが「Howya!」といいながらやってくれるやさしいマッサージとは正反対。おかげでマッサージの最中、

「ぎゃ~~~!!!」

と叫ぶんですから。

でもこれが実は病みつきになるんです。この激痛感が怖いし、痛くて「二度と来るか!」と思うんですが、終わった後気持ちがいいんですよ。

ということで、明日のブログアップが難しそうなので今日アップさせていただきます。
前置きが相変わらず長いですね~。すみません。


ということで、来週から週4回アップ(月曜、火曜、木曜&金曜)にさせていただこうかと思っています。水曜お休みです。

今までかなり休ませていただいたため、ネタが貯まってきております。そしてネタが古くなってきています。よくありません。ということで、来週からちょっとがんばってアップさせていただこうかと思っていますのでよろしくお願いします。


さて、今日はダブリンにおける「厚かましい人々」シリーズ、その1。

アイルランド住民(私も含め)気さくでおおらかでいい人が多いと思うんですが、中には厚かましいのがいます。こういう人たちはどこの国にもいますわね。

特に不景気になるとそういう人たちが出てきます。まあしゃあないですわ。

ということで今日はニュースにもなって「あつかましい人々」を紹介します。

1)ティップ・ジャーを盗むあつかましい人々

カフェのティップ・ジャーを盗むおやじ出没。

日本ではティップの習慣がないのでこういうことは起こらないと思いますが、こちらのカフェにはよくティップ・ジャー(Tip Jar)といわれる入れ物がカウンターに置いてあります。

直接ティップを店員に渡すのではなく、ジャーに入れるんです。しかし強制ではありませんのであげなくてもOK。

先月,このティップ・ジャーを盗んだおやじのビデオがYoutubeに投稿され、ニュースになりました。
盗まれたカフェ、Coffeeangel (South Anne Street, Dublin 2)のCCTVの映像です。

http://www.youtube.com/watch?v=WQciNHlJxLw

カフェがビデオを投稿した理由には他のビジネスにも警告を出すためでもあったようです。そしてやはりいろんなお店でティップ・ジャーが盗まれているそうな。

お店で一生懸命働いている店員さんにも失礼だけど、ティップを置いていったお客さんにも失礼ですわ。

お前が盗むな!

ですよ。もうティップ・ジャーを置くのをやめて、価格にティップ代を足して売ったほうが安全だと思うわ。

犯人はまだ捕まってないはずです。


2)街頭の花を盗むあつかましい人

ダブリンのシティーセンター(Liffey Street、Dublin 1)の街頭プラントの花を盗むおばちゃん出没。
現在ニュースになっています。

http://www.youtube.com/watch?v=ktXVizwYBpI

こういったお花はDublin City Business Improvement District (BID)により年に2回、シーズンによって変えられ、メインテナンスをされているそうな。その経費が年間35,000ユーロほどかかっているとのこと。こういうプラントが街に40ほどあるそうな。

それにしてもおばちゃん、思い切り引っこ抜いてはぐちゃぐちゃにしてません?最低よね。これを家に持って帰って飾ってるんでしょう。しょっちゅうやってますよ、このおばちゃん。慣れてる感じだもの。

そう言えば、私が日本の金融機関で働いてたときもこういうおばちゃんいたのよね。花を店頭に持ってきてくれるんですよ、いかにも自分の庭で育てたみたいに。

でも実際おばちゃんの家には庭に花などないんです。近所の庭なんかで盗んでるって言うので有名だったもんな~。


出没!厚かましい人々シリーズは不定期化させていただきます。

ということで、皆さんよい週末を!月曜日にお会いしましょう。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ティファニーさんこんにちは。
初コメです。
チップジャーのお話し、身につまされます…。
去年までダブリンに滞在してまして、バイト先のカフェでやられたんですよ〜しかも、以前にも出没したらしく。(CCTV確認したら同じ女。アクセントからダブリナーらしい)手口も同じ(ホットドリンク頼んで暑いから水いれてと頼んでるすきにくすねる)。忙しい時だったからがっくりしたのを覚えてます。
今は日本なんで、よくある透明の貯金箱をお店に送ってあげようかな〜と考え中です。

No title

元気そうでヨカッタ!
でも、捻挫は「なめたらアカんで〜」
私も以前、足首の靭帯を切って大変な目にあったことが…
おかげで今でもハイヒール履けません…

厚かましい人、日本でも頻繁に見るようになってます。
最近多いのが、家族ぐるみの試食魔。
まるで、スーパーの試食が昼食と化してる、それも家族で取り囲んで…
チップジャー、日本でいう「賽銭泥棒」かしらね〜?

チャカさんへ

こんにちわ。そして初めまして。コメントありがとうございます!

やっぱりこんなことしょっちゅうあるんですね。最低ですよ!ティップをジャーごと持っていくなんて。そんな人間には天罰が下ってほしいです。

日本から素晴らしい粘着力の粘着テープを送った方がいいかもと思ってしまいましたが。。。

透明だと余計たくさん小銭が入っているのが見えて余計盗み心をくさぶられるかもと勝手に思ってしまいましたが、透明のほうがいかにもティップジャーだから盗られないかな???

mamma-EIDさんへ

何とか生きております。ありがとうございます。

靭帯を切るなんて。。。それは大変だったでしょう。ちょっと痛いという私の状況とは比べ物になりませんね。

他のお友達らも捻挫を甘く見てはいけないと警告を言たたいております。今日と昨日ピラテスに行き、ちょっと足首を使ったので痛いです。明日行ってたくさんマッサージしてもらってきます。

日本は試食が多いですもんね!家族ごとでって。。。確かに厚かましいです。

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.