新しくなった!ギネス・ストアーハウス(Guinness Storehouse)前編

ダブリンの歴史を抜きにダブリンは語れません。

もう一つ、これを抜きにしてダブリンは語れません。

IMG_5519.jpg 
               ギネス!!!有名なSt.James Gate。


先週日曜日、ギネス・ストアーハウスにお邪魔しました。

先日遊びに来ていたAちゃんの友達のオーストラリア人から話を聞いていたら昔私が来た時とえらく違っていたので興味があったのです。

IMG_5512.jpg
               観光客になってきました。


私が初めてここを訪れた時、ここの名前はGuinness Hop Storeという名前で小さいツアーアトラクションでした。入口は現在のところになかった気がします。

その後2000年11月にStorehouseとして大きく生まれ変わりました。

IMG_5513.jpg 
                  ここが入口です。

私が最後に訪れたのがたぶん2001年。えらく素晴らしい建物ができたな~と思いましたが、当時空きスペースもちらほら見られ、もったいないなと思っていたのです。

現在2013年。あれからどう変わったのだろうか。。。


まずは入口へ。。。階段を数段降りると地下、右手側がチケット売り場です。

そして、グランドフロアー、Orientation/Ingredientsへ。

IMG_5318.jpg
               エスカレーターで上がります!

すると左側にギネスものが買えるショップがド~ンと構えています。昔来た時はお店が小さかったし、商品も少なかったなあ。

IMG_5319.jpg
                 現在どっさり売ってます!

ショップに入りたいという気持ちを抑えながら、前へ進む。ガイドのお兄さんが建物の案内を軽くしている。

IMG_5321.jpg 
                     ふむむふ。

そして、お兄さんが床を見ながら説明した。それは、

IMG_5322.jpg
       ギネスの生みの親、アーサー・ギネスがサインした醸造所のリース!

これ、9000年リースですよ!

17959年12月31日に月45ポンドでギネス・ストアーハウスの裏にあるセント・ジョーンズ醸造所を借りる契約をしたんです。

一瞬900年と違うのか?と思ったんですけど(それでも長いよ)9000年だものね。アーサー・ギネス、さすがスケールがでかいと感心。


そして前に歩くと、ギネスの原材料の説明エリアだ。

とここで質問。ギネスの原材料は何でしょうか?4つありますよ。さ~考えてください!

当てられましたかね?

IMG_5332.jpg
              大麦。アイルランド産。

IMG_5336.jpg
               ホップ。

IMG_5337.jpg
                 イースト。

そして、

IMG_5342.jpg
                  お水。

たぶん水はリフィー川から引いていると思っている人もいるでしょう。違いますよ。水はウィックローマウンテンのものを使っていますよ。水がうまいというのはギネスには重要なのよ、やっぱり。

奥の階段を上がると、

IMG_5344.jpg
               アーサー・ギネスの部屋。

こギネスにかかわりのある人たちの肖像画(役者さん)が壁にかかっています。この前に立つと、肖像画が動き出して喋るんです。昔の歴史を語る者もあれば仕事の様子を語る者も。

IMG_5345.jpg
                  興味深い。

エスカレーターを上がり、一階、Brewing, cooperage/transportエリアへ。

ここで一番興味深かったのはやはりThe Cooper's craftでしょう。

IMG_5364.jpg
                昔は樽は手作りだったんですもんね。

IMG_5366.jpg
                技術が高すぎる!すばらしい!

昔は父と息子が2世代で樽を作ってるなんてざらだったようです。一人前に作れるようになるまでに7年かかるそうですわ。

昔、彼らのお給料は樽一つにつきいくらだったらしい。作れば作るほど儲かるわけだ。

そしてこの樽づくりは約200年続いたそうです。1946年にアルミニウム製ケグが導入。木製の樽と一緒に使われていたそうです。

1920年代に300人いた職人は1961年には70人に。その後アルミニウム製ケグに取って代わりました。なんだか悲しい話です。

樽に貯蔵されたギネスを飲んでみたかったなあ。。。

ちなみにこのフロアーの窓からこんな景色が覗けました。

IMG_5362.jpg
                  ギネス工場だ。



そして2階へ。Advertisementエリアだ。 そしてここには今月8月13日にオープンしたばかりのあるアトラクションが!!!入りたい!!!

さっそく一番先頭で並んで待っていたのですが係りの人に、

「朝早過ぎて人が集まらないので15分後にしか入れません。先に他を見てきてください。」

と言われてしまったのだ。

そうなんです。私、今回ここに来るのにギネス・ストアーハウスさんにブログに載せる許可をもらったんです。問い合わせの時に、

「日曜日は大変こみますから朝早く来てください。」

と言われ、朝10時10分に入場したんですよ。本当は開館9時半に入る予定だったんですけど寝過ごしたんでね。

そうか、早すぎたんか。。。


ということでエレベーターで4階まで行ってしまうことに。そうなんです、4階にはこれがあるんです!

IMG_5375.jpg
                Yes! The Guinness Academy!!!

さ~ギネスのパーフェクトな注ぎ方を習うぞ!


続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

昔、友達がこのギネス工場の近くに住んでいて。。。
家に行ったとき、とんでもない臭いでえずいた覚えがあります。
多分、発酵の臭いだと思うのですが、今でもここを見ると「おえっ」となります。(爆)

でも、行ったことないので機会があれば中に入ってみようと思います。
ギネス美味しいですもん。でもハーフパイントでお腹一杯になります。ティファニーさん、ギネス飲んでるイメージないな。。。

Munchkinさんへ

爆!!!ストアーハウスは臭いませんので安心してください。

冬にいらしたときにはここへお連れしますよ。(べつにストアーハウスの回し者ではありませんが)

ギネス、おいしいと思ったことがなかったんですよ。過去に2度行ってますが飲んだのはハープパイントだったし。普段絶対手にしないお酒がギネスなんですけどね。

メールのお返事がしてないんですよ。。。週末します!ごめんなさい!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.