Belfast (ベルファースト)へ行ってきた!-最終回ー

昨日の続きですよ~。

最大の目的であった 『Tribute Music Festival 2010』。アイリッシュの友達LEちゃんがステージで歌うのでダブリンから応援に行ったわけ。LEちゃんの親友SさんとBさん、(BさんはCillian Murphyに会った記事でも登場した方)Bさんの妹のDさん、TAちゃんとAちゃんそして私がダブリンから応援に。ベルファーストからはBさんの親戚の方とLEちゃんのゲイのお友達Kさんが駆けつけました。

TAちゃん、Aちゃんと私はRamada Encore Belfastというホテルへ泊まりました。実はAちゃんが勤めている会社、ベルファーストに大きなオフィスがあり、従業員がミーティングにしょっちゅうくるためベルファーストにあるホテルに安く泊まれるよう手配が可能。そのため、3人一部屋で75ポンド、朝食つきでした。安いね~!でもホテルは寝心地が悪かったし、壁は少し薄いから隣の鼻地声とか聞こえる。AちゃんとTAちゃんいわく、受付の人がとても失礼だったそう。朝食は悪くなかったのですが、無くなっても補給をすぐしないのでサービス点においてはいまいち。安かったので文句は言えませんわね(笑)。ここには二度と泊まりません。他の人はPremire Innというホテルに宿泊。このイベントの参加者のほとんどがPremire Innに泊まっておりました。

さて、肝心のイベント。5時ころから始まっていたようです。会場はOutdoor。テントがいくつか設置され、バー、クレープのお店、カフェ、バーガーのお店も並んでおりました。内容はこんな感じ。

1)80’S. Maurice Jay's Pleasuredome 
80年代にはやった曲を演奏。これは私達見てませんでした。

2)90’S. ZU2
ズーツーと読みます。U2のTribute Band(日本語で言う、コピーバンドです)この人たち良かったですよ~。なんかボノの声とかなり似ています。かなり上手でした!私、U2ファンなので審査は厳しいですよ~(爆)ダブリンに来たら見に行きます!彼らのサイトはこちら~。http://www.zu2tribute.com/
             Belfast 4

3)00’s. Hot Fuzz
The KillersのTribute Band。私はThe Killersのファンではないので曲もあまり知らず、私的にはいまいちのれませんでしたが、ボーカルの人のジョークは面白かったです。
             Belfast 3

4)You- Headding the festival with Rockaoke
友達のLEちゃんはこれに参加。各地でカラオケで賞を取った人が舞台で生バンドつきで歌えます。当日来た人も参加できました。

かなりの人数が舞台で歌っておりました。上位三位にはいるとコンサートチケットなどがもらえますので、中には張り切っていた人もいたことでしょう。そんな中、とてもきれいなお姉さま二人(ドラッグクイーン)も登場!かなり場が盛り上がりました。面白かったです!笑わせていただきました!すごい上手で舞台慣れしている人がいるかと思えば、音程がまったく取れない人まで参加!これが一番よかったですわ~、このイベントで。

当日雨が降ったり止んだり。。。しかもむちゃくちゃ寒い!冬ですわ。そして夜の9時半過ぎには土砂降り!それに風まで参加ですわ~。折りたたみの傘を持っていたのですが、あまり役にも立たず。途中でポンチョ(ビニール製の安物レインコート)を無料でもらい、LEちゃんの出番までバーのテントで待つことに。

夜10時前、LEちゃん登場!雨も小降りになりました!

LEちゃん、本当はStevie WonderのSuperstitionを歌う予定だったのですが、参加したある男がこの歌が歌いたい!といって引かなかったため、曲を譲ってあげたらしい。私、こういう男は嫌いです(爆)。仕方なく彼女はRobert PalmerのAddicted to loveを歌いました。でもキーが低すぎて彼女の歌声があまり聞こえず。。。残念でした。

LEちゃんが歌い終わってからもイベントが続き、終わったのが夜11時。私達6時半過ぎから参加。その間ずっと

立ちっぱなし。

このイベントへ参加する前は町を歩き回っていたのでかなり疲れました~。老体にはきついですわ、これ。

LEちゃん、残念ながら賞は取れませんでした(涙)。実はこの日、かなり不愉快なことが。。。

LEちゃんがカラオケを歌い終わると彼女の親友SさんとBさん、Bさんの妹Dさんはとっととホテルへ帰ってしまったそう。多分LEちゃんが賞なんて取れない、と思ったからでしょう。しかも寒かったからか?Sさんはともかく、Bさん、とってもいい人なのに、こんな行動びっくり!いくら賞が取れなさそうでもLEちゃんが最後までいたがってるんだから、一緒に残ってあげるのが親友ってもんと違うんかい!私、かなり激怒でした。

イベントも終わり、ホテルへ。ホテルへ戻ってからも親友たちの信じられない行動について話していると、Aちゃん、Sさんについてこう言いました。

「She is a dog!」

Aちゃんいわく、Sさんは昔こんなことを人に言いまくってたらしい。

「I'm prettier than LE! Men are all over me! Men love me!」

ちなみにこのステートメントは大間違い。勘違いもいいとこ。Sさん、そんなに不細工ではないけどかわいくも無い。しかも体重オーバー。この人毎回合うたびに体重が増えているのでそのうち鯨になるでしょう。しかもLEちゃんの方が1000倍美人なのです。比べようも無し。私もSさんが嫌いです、実は。

とまあ、こんな調子でした。ホテルへ戻ってからAちゃんとTAちゃんは飲みに出かけるも、私は気持ち悪くなりぐったり。。。飲みにいきませんでした。彼女たち、ホテルの前にあるゲイ・レズビアン・ストレートバーに飲みにいって、戻ってきたのが3時過ぎ。

ベルファースト、不思議です。お酒は朝1時以降は売れないのでパブもすぐ閉まってしまうのですが、AちゃんとTAちゃんが行ったバーは3時まで開いていてなぜかウォッカとRed Bullのみを売っていたそう。

って、それって、違法と違うの?

良く分かりません。わかる方は教えてください。

ベルファースト、楽しかったです!それにしてもたくさんショッピングセンターが町の中心部に点在。かなりコンパクト。しかもダブリンより安いし品数も豊富!今度は買い物ツアーで来ますよ~。

ちなみに、ベルファースト、日曜日は昼の1時からしかお店が開きませんので行くときはきちんと計画してからの方がいいと思います。また行くぞ!ベルファースト!(ベルファーストがかなり気に入っているティファニーでした。)

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ベルファストお疲れ様。かなりハードスケジュールだったね。
市内観光した後、アウトドアイベント参加なんて、体力のない私には絶対無理だわ。。
他の友達はさっさと帰っちゃうし、天気は悪かったし、いろいろ大変だったね。

アンちゃんへ

結局買い物もろくに出来なかったよ~。忙しすぎ!でも楽しかったよ。ベルファーストの人、とても親切だし、フレンドリー。ダブリンの方が人が冷たいと思う。

No title

私も今日はベルファストへ行ってまいりました。
北では、ほとんどのパブは1時閉店ですが、
店によっては2時以降まで延長許可があるところもありますよ。
あと、ナイトクラブとレストランの営業許可だと、もっと遅くまでお酒出してます。

ウォッカしか売らないのは。。。簡単で儲かるからかなぁ?
という予想でございます。

80s

私だと↑を見るために行き、これの後は帰る・・・
というタイプです(爆)←だって5時就寝だし・・涙

Dogは醜い女性でも、犬につかうと♂犬で、♀犬はびっち・・・なんですよね、めっちゃおかしい~~爆

himadamさんへ

なるほど、Late Barのライセンスがやっぱり取れるんですね、ベルファーストでも。ダブリンも普通のパブは1時半くらいに閉まりますけど、ナイトクラブやLate barは3時まで営業可能ですから。情報ありがとうございました!

それにしてもウォッカとRed Bullしか売らないのは簡単で儲かるからでしょうかね、やっぱり。イベントで飲みました。値段表には4ポンド50と書いてあったのに4ポンドしか取られませんでした。安い!ダブリンだったら6ポンドくらい出さないと買えませんよ~(涙)ベルファースト、安いです!気に入りました。

しげ美さんへ

80s、私、大好きなのですが、同僚に会ったり、買い物したりで間に合いませんでした(涙)このTribute Music Fest,イギリス中でやってますね~。ええなあ、イギリスは(涙)

DOG...本当ですね!おっしゃるとおり!気がつきませんでした(爆)
She's a bitchよりShe's a dogの方がぐさっときますよね。でもSさん、まさにそうですから(爆)
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.