家族模様、85歳誕生日パーティー 前編

フライトフェストの前日、キャバン県に住むアイリッシュの友だちTちゃんのお父さんの85歳誕生日パーティーにおよばれしたAちゃんと私。

85歳のお父さんを持つTちゃん。6人兄弟の末っ子。お兄さんが60歳を超えていたりしてちょっとびっくりしてしまう。危うくば兄弟というよりお父さんの年齢だからだ。


Tちゃんのお父さんの85歳誕生日パーティーは自宅で。BBQパーティーでした。

手伝おうとちょっと早く行ったAちゃんと私。自宅に着くとすでにお姉さんでアメリカに住むKさん、そして双子のお兄さんの片方、RさんとTちゃんがキッチンで準備を行なっていた。その横でくつろぐお父さん85歳。


彼らがきっちり準備をしているので特にやることがなかった私たち。ぼ~っと紅茶を飲みながらくつろいでいると、今からお父さんと釣りに行くから連れて行ってあげるとRさんが言うではないか!

キャバン県には小さい湖がいくつかあり、釣りもよく行なわれている。Tちゃんの家の前にも湖が広がっている。とっても綺麗なのだ。

   BLOG 232
                 家の向こう側が湖よ。

しかし湖で釣りをするのではなく、川で釣りをするというのだ。それも85歳のお父さんの生まれ育った家の近く。(現在の家は後に買った家)Tちゃんをはじめ兄弟みんなが小さいときこの川で遊んだそうだ。

細い道をくねくねと車で行くと。。。

   BLOG 215
                  あら~素敵!

   BLOG 217
               小さいが素敵な川ではないか!

   BLOG 218
             早速釣りをするRさんと85歳のお父さん。

   BLOG 219
                反対側。  

   BLOG 220
                静かに流れる川。

   BLOG 221 
              車も人もいない。川の流れる音しか聞こえない。。。              

ここでは天然の鱒が釣れるらしい。釣れることをかなり期待していたのであるが、この日は天気が良かったため水位がかなり低く、水の流れもゆっくりすぎ。酸素がいきわたってないので魚がおらずまったく釣れず手ぶらで帰宅。

天然鱒を食べる自分をかなり想像していたのでかなりがっくりきましたよ。

気を取り直し、さあBBQだ!Rさんが張り切って裏庭に設置したBBQセットに火をおこし準備完了。ソーセージとバーガーを裏庭のテーブルに出したまま私たちとキッチンで話すこと10分。その後BBQの様子を裏庭に見に行ったRさん。突然、


ギャ~~~~~!!!!!!


奇声を聞き、あわてて裏庭に出たTちゃんとおねえさんKさん。数分後キッチンに戻ってきた彼らの手には空になったビニール袋が。

「犬が生のバーガー24枚全部食いやがった!」


犬が食べたというので、Tちゃん宅で飼っているわんこが食べたと思ったら実は隣の犬!ちょうどソーセージをくわえているところを発見したらしい。

BLOG 239
             Tちゃん宅のわんこ。あなたじゃなかったのね。よかったわ。


バーガーはこれまた特別に精肉屋で作ってもらった高いやつだったため3人とも憤慨!でも、こんなことが起こるのは

田舎だけ。


田舎の犬は基本放し飼いだから人の家の敷地にも平気で入ってくるわけだ。


「あの犬、殺してやる!!!」

何度もそう言いながら怒るRさん。しかしTちゃんが冷たくこう言った。


「私たちは田舎に住んでるのよ。忘れたの?バーガーなんて外に置いておいたら犬に食べられるわよ。」


失礼ながら笑いがこみあげてしまった。

キャバン県、只者ではない。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

抱腹絶倒!喜劇ですね。恐るべしカウンティ・キャバン!!
のどかな田舎の風景に私も和んでたのに、このドンデン返し!

ごめんなさい。。バースディPが台無しでしたよね。BBQで肉無しだなんて(いやん)

ああ、でも、犬が食べちゃっただなんて(ぷぷぷっ)、、、しかも隣家の犬が!!
あー楽しすぎる!!皆さんのその後はどうなったんですか?また買い出しに行かれたんですか?

No title

ああ、こちらは前編でしたね。。。
すみません、(中編?)後編を待ちます。

No title

もうその犬はお仕置きとして犬バーガーですね(笑
そういえば子供の頃家族でピクニックに行って、ご飯全部山から下りてきたサルたちに持って行かれた無念を、このブログ読んで思い出しました(笑。

Munchkinさんへ

普通のブログなら、「こんな景色の綺麗なところがあるんですよ!皆さんもぜひアイルランドの田舎にいらしてください!」で終わりなんですけど、私の場合はいつも何か変なことがあるんですよ。何ででしょうか???

吉本新喜劇の世界でした。もう笑うしかなかったんですよ。面白すぎるから。野良犬に食べられたじゃなくて隣の家の犬に食べられたですからね。もう田舎やわ~(爆)

その後の出来事を書きたいんですが、いろいろありまして明日は緊急ネタを載せます。すみません!

Munchkinさんへ

まだ続きます。お待ちください。

先駆者さんへ

Rさんが殺して肉にして食ってやると実は言っていましたが、ブログに書くと一部の方に衝撃を与えるかもということでわざと書きませんでした。コメント欄なら書けます(笑)

家の母は私が小さい時、私のためにハイハインという赤ちゃんが食べるせんべいを持ってリス村に行ったんです。しかしリスに襲われてハイハインを取られてえらい怒ってました。サルに持ってかれた無念さ、うちの母ならよくわかると思います。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.