食べ放題&飲み放題の2時間イベント-中編-

ガーデンにでると。。。

   IMG_6116.jpg
ほう、ほう、ほう。

あまり大きくはないのね。でも若者が集まる感じがするなあ、やっぱり。AちゃんがKipと言うのもわかるわ。


IMG_6119.jpg
               大雑把感が若者感。

このイベントで絶対に真っ先に行って食べようと思っていたのがこのブース。
 
IMG_6121.jpg
                     寿司よ、寿司!

J2 Grill & Sushiという、North Wall Quay IFSCにあるお店です。オープンして2年経ってるかしら?ここには何度も入ろうとしてやめた過去が。。。そのため、お店に行く前に試したかったのです。http://www.j2sushi.com/

しかし寿司職人はやはり日本人ではありませんでした。なぜ日本人の寿司職人がいないのだ!?

IMG_6122.jpg

と言いつつ、だれが握ってもおいしければいいと思っている私である。

ちょうど並んだ時はまだ人が少なく、すぐ寿司にありつけました。ちょうどえびを握っていたのでそうそうためらずもらう。日本じゃえびは食べないのに!高いものに手を出し、得した気分を味わいたかったからだ。相変わらずせこいと自分でも思う。
            
IMG_6118.jpg
       先ほどの、異常に熱い3種のグリンティーとともに。

お店のキーホルダーと昼のメニューもついでにもらう。巻きずしはサーモンを一つ、マグロとクリームチーズ物を一つもらいました。

しかしお皿がなく、紙ナプキンの上に載せて渡していたお店の人。お蔭でご飯がナプキンに引っ付く引っ付く!プラスチックの小さい皿はなかったんかい???

味は結構いけました。ご飯がちょうどいい方さ。安い中国米を使うレストランも多いけど、ここはそんな感じは一切ない。

ここの自慢はいろんな味の醤油ソースがあることだ。でも私は何もつけずに食べました。かえってかけたらまずくなる気がしたからだ。


またすぐ寿司をもらいに行くのはどうかと思い、寿司の後ろにいたこのブースをのぞく。

IMG_6120.jpg 
    トルテカというお店 Suffolk Stにあるメキシカン。入ったことはない。

ディップを試食できました。数人の人にだけ試食のディップをカップごと渡していました。http://www.tolteca.ie/


ふ~んという感じで手も出さず、こちらに直行。
   

IMG_6123.jpg
                パイよ、パイ!

テンプルバーにあるお店、Pieman。実はあまりパイに興味はないので普段食べませんが、無料ですからもちろん手を出しました。https://www.facebook.com/pages/The-Pieman-Cafe/

パイはかなり小さいですが、かわいいボックスに入れてくれる。

IMG_6124.jpg

ビーフとギネスのパイをもらう。マッシュポテトとお得意、グレービーソース付きだ。

IMG_6125.jpg
             なぜかうまそうには見えないのが残念。


パイが小さすぎかしら。。。小さいくせに人参がごろごろ入っていたのでよけて食べた。やはり私はあまりパイが好きではないと改めて思う。


次に行こ、次!ということで、トルテカブースの横にあったこちらへ。。。
 
IMG_6127.jpg ステープルフード???

ここは聞いたことなかったです。https://www.facebook.com/staplefoodsdublin


IMG_6128.jpg
        スミスウィック・ペールエールとリスのナッツとともに。

人参とリンゴのサラダがほうれん草の葉の上にたくさん乗っていました。人参が大嫌いなのでリンゴだけを食べようとしましたが人参のほうが多く断念。

このお店に行っても人参一杯サラダがどっさりいつもおいてあるのだろうか?だとしたらここへ行っても食べるものがないかもしれない。。。



気を取り直して、次は何を食べようか。食うだけ食って帰るで~。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ビーフとギネスのパイ、マッシュポテト添えグレービーソースかけ!!
食べたーい!!人参も大好き!!こんな食い倒れは最高ですね。

Munchkinさんへ

ビーフはすこ~ししか入っていませんでした。まあ小さいパイなんで仕方ないんですが。。。人参が一杯で。。。

何度でも行ってもらっって食べれる。。。いまどきダブリンでこんなイベントは珍しいですよね。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.