9月26日はアーサーズ・デイ(Arthur's Day)

今日は緊急にこのネタにさせていただきます。

今日は皆さんもご存じアーサーズ・デイ(Arthur's Day)。

Guinness 1

アイルランド以外の国でも祝われている、2009年の250周年から毎年祝われているイベント。何て、言われなくてもわかってますよね。すみません。

このイベントのため、アーティストたちは各地でコンサートを開きます。ギネスを飲むよりそれを楽しみにしている人もいるでしょう。


しかし!


世の中喜んでいる人ばかりではありません。今年はボイコットしようという動きも実はあるんです。

この日はギネスを飲ませるための"A pseudo national holiday"なんて言う政治家も。(Alex White, The minister of state with responsibility for alcohol and drugs が言ってたらしい)

ようはディアジオ(Diageo、ギネスを経営)がマーケティングのために仕掛けてるだけ、金儲けだというのだ。


この日のお蔭で去年は救急車の出動数が30%増え、A&Eに運ばれた人が何と

2000人!



ただでさえこの国は飲み過ぎの人が多く、アル中も多い。若い人の飲酒も問題になってる。(子供からして大量に飲みますからね)

だからわざわざこんな日を作って、わざわざ「飲む理由」を作らなくてもよいのではないかということなのだ。

今年はクリスティー・ムーアまでこのイベントに反対しました。
http://www.youtube.com/watch?v=l1dZddmJSOY#t=18

医師も反対してる。チャリティー団体は参加するアーティストに出演料を寄付しろと言っている。いろいろ言われてるんですよ。

それを受けてディアジオの European corporate relationsのディレクター、ピーター・オブライアンさんは明日A&Eの待合室に行って様子を見るらしいです。

でも、よく考えてみてくださいよ。

だったらセント・パトリックスデーはどうなん?

と思ってしまうのだ。この日のほうが飲んだくれる人が絶対多いとおもうけどなあ。セント・パトリックス・デーは国の祝日だからいいってことなのかしら?ハロウィーンだってそうだし、ニューイヤーズイブやらだって同じだと思うのよ。


ギネス・ストアーハウスのネタの時にも書きましたけど、ギネスなしにダブリンは語れないし、その逆もあり得ないと私は思うのです。それくらいギネスって大事だと思うのよ。

別に一日くらい祝ってもいいんじゃないかと思うのだ。マーケティングだなんてそんなのみんなわかってるわよ、言われなくたって。

確かにこの日のお蔭でA&Eが火の車になるのはわかる。それは良くない。働いている医師やら看護師に失礼。路上やパブでの喧嘩も勃発する。でもさ、この日だけの集中攻撃はどうかと思うけど。

なんかディアジオという会社自体がジャイアントで儲けてるから恨んでるってのも実は裏にあるような気がするなあ。それに企業が勝手に企画したイベントだから責めやすいというのもあるけどね。


「飲み過ぎ」って結局最終的に個人の判断だと思うのですがね。死のうが病気になろうが本人の自己責任だと思うのですよ。私が間違っているのだろうか???


そんなアーサーズ・デー、皆さんは祝いますか?


私は残念ながら仕事です。おとといは朝8時半から午後9時半まで、昼休みなしで働き、昨日は朝7時半から午後7時半まで働きました。当分続きます。土日も仕事でしょう。

でも帰りに町のパブで一杯ギネスをひっかけて帰ろうかと思っている。パブでこんなお相手が見つかるといいけど。

dog 1
           お相手=犬の意味です、念のため。(ネットより)


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.