これが現在のアイルランドだ!

こんな切手が9月26日から発売されています。写真はネットからいただいております。

STAMP 1

STAMP 2


上左からガーダ、ソワーズステーション勤務のDongdong Zhengさん、ルアス・レベニュープロテクション・オフィサーのSammy Akoredeさん。
下左から学生でハーリングのプレーヤのChristian Tshibanguさん、パーマネントTBSのマーケティング部デ働くAnna Garciazさん。


2011年の国勢調査では200か国から来た約500,000人の外国人がアイルランドに住んでいるそうです。もちろん私も含むわけですけどね。

お蔭で外国人が自分たちの文化を持ち込み、アイルランドは現在いろんな意味で多様化しているのである。

特に食文化。

私が来た1999年当時は本当にレストランも少なかったし、高くてまずいがほぼ定番してましたもの。

今じゃレストランも増えて、メニューも多様化。いろんな国の食べ物が食べれるようになりましたし、手に入るようにもなりました。


不景気とはいえいまだにたくさん海外からやってきている。ビザの申請は前年度より6%増えたらしい。

例えば私のような、この国にとどまる登録をしている人の数が約115,000人だそうだ。しかし2011年より10%以上少ないそうだ。

登録国別トップはこうなってる。

India (11 per cent)
Brazil (10 per cent)
Nigeria (9 per cent)
China (eight per cent)
USA (eight per cent)
Philippines (seven per cent)

インド人の人は高い学をもって来てエンジニアなどの技術のいる仕事についている人が多いと思いますね。

ブラジル人は学生さんによく会います。Aちゃんお母さんBさんの家にステイ詩に来るブラジル人が最近多い。

ナイジェリア人はタクシードライバーの人が多いかな。

中国人の人はいろんな仕事してる。

アメリカ人はアメリカの会社が多く入ってるからかしら。

フィリピン人は病院系で働いてる人が多いのではと思いますね。


私事ですが9月25日でダブリン滞在まるっと15年になりました。早いもんです。1年で帰る予定がこれですからね。しかも結婚もしてない独身女が15年はたぶん珍しい部類に入るでしょう。

それにしても人生本当どうなるかわからないもんですわ。


私のような人が多く住むアイルランドでこの切手の発売。現在のアイルランドを象徴してますね。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

心配無用です!

こんにちは。”結婚もしてない独身女が15年”この国(特にダブリン)にいることは全然珍しくないですよ:-))自分の周りにはそういった女性が意外とたくさんいます。15年どころか20年25年と上には上がいらっしゃいます。なぜか日本人女性に多い傾向のようですが。
家の近所には”登録国別トップ”6カ国のうちUSAを除く5カ国から来た人々が住んでいます。最近は若いアイルランド人の国外移住が多いとの事なので、双方の意味で移民の国になりつつあるんでしょうね。

SCさんへ

この国に20年以上住む日本人の方がダブリンにはたくさんいるというのは聞いたことがあるんですが、なぜか周りに一人もいないんですよ。みんな既婚日本人女性なんです。しかも40過ぎで独身というのがこれまた一人もいない(涙)。なのでめずらしい部類に入っていると思っていましたが違うようでちょっとほっとしました(笑)。

そうですね、若いアイルランド人は国を出て行ってしまっていますね。特に学がある人が出て行っているとニュースで言っていました。将来ほしい人材が出て行ってしまうのがこの国にとってはマイナスになっていると心配しているようですが、外国から学のある日ともたくさん入ってきているのも事実なんでその辺は心配することないんじゃないかと実は思っています。

No title

ティファニーさんのコメントを読んでウィル・ロジャーズ現象を基にしたジョークの数々が頭に浮かんできました:-))
自分が知っている日本人女性の70%近くの人が40歳以上現在独身でこの国に長期滞在をしています(平均で約20年)。むしろ既婚日本人女性で15年以上ここにいるという方は自分の周りでは珍しいほうかもしれません。

SCさんへ

私の立場と全然逆ですね!!!いや~独身女性が周りにたくさん、しかも20年以上もいる方だなんてすばらしいです!
私はいつもどこかに行くのに独身女性を探すもほとんどいない。なので結局一人なんですよね~どこに行くのも。ついでにめんどくさいって言うのもあるんですが(笑)。いや~うらやましいです、SCさんの環境が!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.